歯周病は歯の『ある』『なし』にかかわらず罹る病気です。

歯周病は、歯がなくてもなる病気

歯周病というのは歯そのものの病気ではなく、歯を支えている歯周組織の病気であり歯のまわりにある肉や骨が病気になることです。

 

この歯周組織というのは歯根の表面を薄く覆っているセメント質といった硬い物質とあごの骨とを結ぶ歯周靱帯といった筋繊維からなります。歯周病はこの歯周組織が壊れてしまう病気であります。

 

歯を失ってしまう病気と言うと虫歯が考えられますが、実は歯周病の方が歯を失う原因としては多く、虫歯になっていない人でも歯周病になる人はいます。病気により歯を失うと食事がしにくくなるだけでなく、言葉がうまくしゃべれなくなったり、笑うことも困難になってしまい日常の生活に大きな影響を及ぼします。
歯周病は痛さなどの自覚症状が感じられにくく、病気も徐々に進行します。歯と歯茎の間に歯垢がたまることで歯肉が炎症を起こして歯と歯茎の間の隙間が深くなります。病気が重度になれば歯茎の腫れも大きくなり痛みを感じるようになります。うみや出血もあり、歯がぐらぐらしているように感じられたら歯周病もかなり進行しています。

 

歯周病は歯からなる病気であっても、歯がなくても病気になることはあります。抜けた歯をそのまま放置していればそこに細菌がたまり病気を発症する原因にもなります。発症しない対策としては日ごろからこまめに歯磨きを行い、口の中を清潔にしておくことが大切です。歯茎の腫れについても歯磨きをして歯垢がうまく除去されれば、自然と腫れがひいて症状がおさまっていきます。