歯周病 甘いもの

歯周病と甘いもの。これってどうやって付き合おうか。

歯周病 甘いもの

歯周病と甘いもの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

それは歯周病の原因菌とつながりがあります。

 

歯周病の原因になるプラークは口の中の糖分を摂取して成長し酸を出し溶かすわけです。
甘いものだけに限らず食べ物には糖分が含まれるのでどんな食べ物を食べても基本はプラークができてしまいます。

 

ですが、甘いものは特に糖分が多く含まれている食品が多いのでそのプラークの繁殖力やパワーも半端ないことになります。

 

特に、甘いものが好きでよく食べる機会が多い人は注意が必要です。
歯磨き中に出血をしたり、口臭がきつくなったと感じたらすでに症状が現れていると考えてよいでしょう。

 

歯周病になる?ということは虫歯も

虫歯と歯周病は切っても切れません。

 

そう、甘いものと虫歯、歯周病はほぼ同一線上にあるといってもよい原因となります。

 

特に甘い物に多い固形物。
これは歯や口腔内に残りやすく長期間とどまりやすく、
虫歯、歯周病の細菌にとっては栄養源摂取するには大変都合のよい環境です。

 

このことを考えると絶えず口の中に入れておかなければそれほどリスクが高くなることも少なそうです。

 

スポーツ飲料やダイエットと冠するドリンクにも注意が必要です。
糖分が入っていなくて虫歯とは無縁と感じる飲み物ですが、糖分がはいっていないわけではありません。

 

そして、口内が酸性になりやすいのみのもの避けるべきでしょう。

 

甘いものが好きという人は男性女性問わず増えましたが、
時間を決めて食べるのは虫歯や歯周病の可能性も低下します。

 

だからと言って一日に何度も食べるのは口腔内に残ることが増えるので危険です。

 

だらだらとたくさん食べなければある程度唾液の作用により予防できます。